宿屋のお惣菜

熊本県の南阿蘇村でWakkaという小さな宿を営んでおります。 宿屋の女将が普段家庭で食べたり宿で提供しているお料理のレシピの数々を公開します。

砂糖を使わないコチュジャンの作り方

こんにちは!

 

のんです。

 

皆さんは韓国(朝鮮)料理好きですか?皆さんと同じように私も大好きです。

 

アジアの料理ってとっても懐が深いですよね。そのうちの1つが韓国料理!

何を食べても美味しい気がします。

 

ただ、よく使われる調味料の1つとしてコチュジャンがありますが、甘すぎて苦手な人もいるはず。

 

今回は、砂糖を使わないコチュジャンの作り方を紹介します。

 

砂糖の代わりに自家製甘酒を使います。

 

www.oyado-wakka.site

 

甘酒がほんのりとした甘みと酸味を加え、味わい深いものにしてくれます。

アジア料理の偉大さはこうした発酵食品を多く使っていることにあるのではないかしら。

 

【材料】

・自家製甘酒・・・100g

・韓国粉唐辛子(細)・・・25g

・味噌・・・100g

 ※お好みの味噌を使ってください。今回は自家製の米味噌2年ものを使用しました。

・醤油・・・5cc

・塩・・・1つまみ

 

f:id:oyado-wakka:20200128113728j:plain

【作り方】

 

材料を全てボールに入れヘラでよくかき回すだけで完成!!

f:id:oyado-wakka:20200128114452j:plain

甘酒があればこんなに簡単に作ることが出来ます。

 

ただ、以前紹介した自家製甘酒は発酵止めしていないので、発酵が進みすぎないように完成品は冷蔵庫で保存します。半年以上もちます。

 

時間経過とともに酸味が若干増し、唐辛子の険がなくなりまろやかになっていきます。

 

でも、作りたては作りたての良さがあります。

味の変化も楽しみの1つ。

今日は昼のまかないのスパゲティナポリタンに作りたてを和えて食べちゃいました。

f:id:oyado-wakka:20200128114911j:plain

左 作りたて  右 半年前に作ったもの

このコチュジャンは家でも宿でも韓国料理に限らず色々な場面で大活躍!

 

みなさんもこれを使って色々とお料理にアレンジを加えてみてくださいね。

 

自家製コチュジャンを使ったお料理も後ほど紹介します。

 

中国産が多い中、韓国産唐辛子を見つけるのはなかなか大変です。

富澤商店は色々な商品を取り扱っていますので、是非ご利用ください。